So-net無料ブログ作成
検索選択
バラを見ながら歩く ブログトップ

須磨離宮公園 [バラを見ながら歩く]

 花と緑と水のオアシス
神戸市立須磨離宮公園

広大な敷地・目の前に広がる海。
昭和20年戦災により離宮御殿は焼失した。
昭和33年4月、皇太子(今上天皇)ご成婚記念事業として整備が始まり、昭和42年に開設されたそうです。その後、植物園、子供の森やバラ園が増設され、四季をつうじて憩える公園になっています。


中門広場
白壁の堀と門 犬は離宮当時の面影をとどめ、中に入ると海が望めます。

レフトハウス
宮殿をイメージした2階建て、レストラン、会議室があります。
噴水は夜ライトアップされますよ。

森林浴
300種類の樹木や草花が植えられているそうです。

ユーカリの木
コアラの餌にもなり、600種類があるそうです。
成長速度が速く、30メートルにもなるそうです。樹皮は灰色、なめらか、剥がれやすい、葉っぱをもんで、香気を吸うと風邪に効果があるそうです。
木の皮が途中まで剥がれていました。公害に役に立つそうです!

バラ園
花と香りを楽しみました・・
5月~7月・10月~11月の開花が楽しめる四季咲きのモダンローズが中心だそうです。




バラはダイアナプリンセス、マリアカラス、ミケランジュロ、ウィーンエリザベス、マチルダ、プリンセス・ド・モナコ、プリンセス・ミチコ、ロイヤル・プリンセス、マサコ、スプニール・ド・ラルメゾン、ゴールドパニーなど、貴族や芸術家、愛、等の名前が付けられています。
種類が多いんですね。
他に観賞温室・梅園、花の庭園、和室、和庭園がありました。

森林浴もでき、花を見ながらのウォークでした。


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
バラを見ながら歩く ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。